遺産の相続でトラブルにならないためにも

最近「終活」という言葉を良く耳にするようになりました。「終活」とは、残された人生を最後まで全うする意味合いの言葉です。終活に必要なこととして「遺言」「相続」は大切です。特に相続はしっかり決めないと、相続人同士で財産トラブルになるケースもあります。

相続について考えるべきこと

ジャッジガベル

相続の分配をどうするか?

相続財産を誰に、どの割合で分配するかを考える必要があります。一般の法定相続分とは、異なる比率で分配したい場合は、公的な手順に則り、遺言書に記載していなければなりません。また相続人と被相続人の話し合いで決めるケースもあります。

誰に相談するか?

相続については、一人で悩まず誰かに相談した方がよいでしょう。相続の目的は、相続財産を相続人が受け取ることにより幸せになれるかです。個人的な気持ちも大事ですが、第三者に相談することにより冷静な相続分配をすることができます。そのため税理士や弁護士に相談することもオススメです。

相続税について

相続人は、相続税の支払いが必要となります。税率は、課税価格の10%から55%となっています。不動産を相続する場合、地価の高騰により予想以上に、相続税を支払わなければならないこともあります。そのため、相続人に相続税を支払う能力があるかも考えなければなりません。

相続人に受け継ぐ気はあるか?

仮に相続人を決めたとしても、相続人自体に受け継ぐ気がない場合は、問題です。特に、土地などの不動産を受け継ぐとき、固定資産税が毎年かかってきます。また相続人が、離れた場所に住んでいて、今住んでいる家屋を受け継ぐことになれば、維持費がかかります。土地などの財産は予め、相続人に受け継ぐ気があるかを確認するべきでしょう。

「相続する」と「相続しない」ものを区別する!

相続財産には、お金などプラスとなる財産だけでなく、借金など負債となるマイナスの財産もあります。マイナスの財産を被相続人に受け渡しても問題がないか検討する必要があります。場合によっては、「相続しない」と判断することも大切です。

相続が可能なのものは

  • 現金(預貯金)
  • 貴金属
  • 土地などの不動産
  • 自動車
  • 著作権
  • ゴルフの会員券
  • 骨董品
  • 特許権

財産相続で親族が争わないために大切なこととは?

弁護士バッジ

相続人に思いやりをもって!

相続人同士が、遺産相続を巡りトラブルになるのは避けたいところです。しかし「亡くなった後のことを話す」こと自体、不謹慎という意識があり、誰も教えてくれないのが現実です。そのため自ら、考えて税理士などに相談してみるのもよいでしょう。

[PR]
名古屋で相続手続きを対応
終活を検討しているなら必見!

[PR]
相続手続きを奈良で進めよう
専門事務所を厳選リサーチ☆

広告募集中