HOME>ホットトピックス>複雑な公的文書の申請&手続きは行政書士に相談

行政書士ってどんな仕事?

行政書士に依頼できることは沢山あります。会社設立、相続、遺言、契約書などの公的文書の作成を代理で行なってもらうことができます。弁護士と同様に法律のプロですが、弁護士のように裁判に関わるのではなく、あくまでも公的文書の作成に関してのエキスパートです。

行政書士に相談するに持参すべきもの

  • 身分証明書
  • メモ用紙
  • ペン

行政書士が得意なのは公的な事前準備

一般的に人にとって、弁護士との区別が分かりづらいことがあります。行政書士の仕事を一言で言えば、法律に則り「事前準備」をサポートすることです。行政書士の仕事は「予防法務」とも呼ばれ、問題が生じる前に事前に回避することです。

行政書士でよくある相談

男女

交通事故の慰謝料請求など

交通事故で損害を被った場合、保険会社が対応してくれます。しかし保険会社は、営利目的の会社ですので、保険金は最低限に抑えておきたいところです。行政書士は保険会社との仲介に入り、必要な経費や手続きをサポートしてくれます。

会社設立するとき

「会社の設立」や「株式会社」にする場合、多くの手続きが必要となってきます。また会社設立するにあたり法的な知識を一からを覚える手間などを考えると、行政書士に依頼したほうが円滑に進みます。

遺言書の作成

亡くなった後、遺産の相続で、親族が争わないように遺産分配を事前に決めておく場合に作成します。しかし遺言は単に書いただけでは、法的な効力はありません。法的な効力を発揮するには、公的な申請書類に沿って作成する必要があります。

複雑な公的文書の申請&手続きは行政書士に相談

説明

遺産相続は認知証が発症する前に検討すべき

遺産相続は、亡くなる直前などの話ではなく、認知証になる恐れがある場合にも備えて話し合いが必要になってきます。なぜなら認知証になると、遺産の相続ができなくなってしまいます。最近では認知証に備えて「家族信託」などを利用するケースも増えてきています。

広告募集中